TEL
06-4960-4300受付(月~金) 9:00~17:00

メールフォームはこちら

フォーミングマシンと順送プレスの比較表

  一分間の回転数(生産能力) 段取り時間 生産時における材料コストの問題 複雑形状の加工 金型コスト
マルチフォーミング スタンピング抜きを行った後、フォーミングにて曲げを行います。
(40回転~60回転)
スタンピング、及びフォーミングの段取り替えが必要です。
(約3時間)
多くの製品が、製品巾のまま加工する事が可能な為、材料ロスを軽減させる事ができます。 抜き加工の後、周囲360゜からスライドするフォーミングパンチにより複雑形状の加工が可能です。 プレスに比べ部品点数が少なくなる為、金型作成費用が安く抑えられます。
プレス 上下運動のストロークのみでの加工です。
(60回転~100回転)
プレスのみ段取り替えになります。
(約1時間)
材料で製品をつなぎながら横流しをするので、材料ロスがかかります。 上下運動のみの加工の為、マルチフォーミングに比べると単純な動きになります。 部品点数が多い為、金型作成費用が多く掛かります。また金型を変更修正する場合も非常にコストが掛かります。
メリットがある方 プレス プレス マルチフォーミング マルチフォーミング マルチフォーミング

印刷する